【S8使用構築】削り特化ラティクチ【最高最終2125 28位】


こんにちは、とらいぐるです。S8お疲れ様でした! 今回は久しぶりに自分で納得のいく構築が組めたと感じたので、記事にさせて頂きました。ptコンセプトは、「相手の体力を速攻で削り、ダメージレースに勝利する」です。

 

【使用構築】

f:id:trygle:20180314121717p:plain

【個別解説】

 

ゴツゴツメット 性格 おくびょう 特性 ふゆう

187(252)‐ⅹ‐111(4)‐130‐150‐178(252)

サイコキネシス 冷凍ビーム 癒しの願い 電磁波

 

 

クッション&回復の薬枠。ラティクチにおけるラティアスの型は眼鏡、スカーフ、zなど構築によって多様であるが、自分は6世代からエースで荒らす→エースを蘇生させる→エースを再展開という戦法を好んで使用していたため、この型が一番肌に合っていた。

 

鋼が2枚の構築であるため炎、電気に対して受けだせたり、s110族の速さから電磁波、癒しの願いができるのは非常に優秀であった。

 

pt全体で相手の体力の削りに特化しているため今回はゴツゴツメットを持たせた。クチートの威嚇と合わせて使えばガルーラなどの物理アタッカーに対して効率良くスリップダメージを入れれた。

 

クチートナイト 性格 いじっぱり 特性 いかく→ちからもち

157(252)‐172(252)‐145‐×‐115‐71(4)

アイアンヘッド 不意打ち 冷凍パンチ 雷パンチ

 

スーパー命中安定型クチート。レート差マッチングが多発する7世代において事故要素を減らすことは非常に大切だと感じたため、この技構成にした。

 

じゃれつくがなくても、できるだけ幅広い相手に対して対応できる技構成になっているため選出できる機会が多かった印象。それでもやはりルカリオハッサムナットレイギルガルド等鋼に対してまともな打点がないため、炎の牙は欲しい技だった。

 

アーゴヨンの登場、カバマンダの流行などウルトラサンムーンではクチートにとって追い風な要素が多く、サンムーン環境の時より動きやすくなったと個人的に思っている。

 

「カプレヒレ」の画像検索結果@気合のタスキ 性格 いじっぱり 特性ビーストブースト

135(4)-256(252)-151-×-51-161(252)

リーフブレード スマートホーン 聖なる剣 サイコカッター

 

クチートに続き、このPTの2枚目のエース。対面性能&削り性能を確保したかったため意地っ張りタスキフルアタでの採用。

 

サイコカッターは、ラティクチで重いアーゴヨンに対して襷とセットで倒すため採用。(無振りアーゴヨンに対して87.5%の高乱数)副産物として、バシャーモ、ゲンガー、モロバレルフシギバナ等への打点にもなった。

 

こいつで初手で荒らして、ラティアスで蘇生させて再展開して3体目で詰めていく、という戦法がこの構築において主な勝ち方であった。

 

「カプレヒレ」の画像検索結果@カプz 性格 おくびょう 特性 ミストメイカー

145‐×‐136(4)‐147(252)‐150‐150(252)

波乗り 自然の怒り ムーンフォース 挑発

 

PTにおけるエースの補助枠。相手のHPをクチートの不意打ち圏内に入れたりカミツルギのビーストブーストの起点づくりができるカプzで今回は採用した。

 

PTのコンセプト上CS振りで採用しているが、カプテテフとのタイマンに強くなれるHSのほうがよかったかもしれない。

 

最速はミラー意識だが、最近はsを落として耐久に回すポケモンが多かったため、何かと利点が多かった

 

@こだわりスカーフ 性格 ひかえめ  特性 ふゆう

125-×-127-172(252)-128(4)-138(252)

10万ボルト オーバーヒート トリック ボルトチェンジ

 

このptの補完枠。ラティクチで重いメタグロスギルガルド等の鋼、カプコケコ、zゲッコウガetcに対して強く出れる。

 

エースの鋼タイプ2枚とタイプの補完も良く、最低限のサイクルでダメージレースに勝利することができ優秀であった。他2体で削って、終盤の掃除役になることもしばしば。

 

こいつ特有のタイプやスカーフトリックによって、受け回しに対しても優位にたてたのも強かった。

 

 

 @ジメンz 性格 いじっぱり 特性 あついしぼつ

189(28)-200(252)-111(84)-×-81-118(140)

じしん つららばり 氷の礫 叩き落とす

 

努力値調整は、カラーさんのブログのものを参考にさせていただきました。

collar-erpk.hatenablog.com

前シーズンに引き続き採用。カミツルギの弊害になるメジャーポケモンであるボーマンダギルガルドに対して強く出れることを評価した。

 

ゲンガーラキムドー、ポリゴン2グライオンみたいな受けまわしに対してよく選出していた。pt単位で重い電気飛行に対して強いのもグッド。

 

【最後に】

 

この構築の成績は、タイトル通り最高最終レートが2125で、最終28位でした。自分でも信じられない勝率で2100に乗れましたが、実はメインロムで最終日10連敗くらいしたのでまだまだ改良の余地があると思います。(最終日多かったらしいオニゴーリに一回も当たらなかったのが全てかな…)結構ツッコミだらけの記事になってしまった気がするので、質問等あれば本ブログやTwitter @trygleに遠慮なくどうぞ!最後に、対戦していただいたみなさん、ここまでみていただいてくれた方々に感謝です!

f:id:trygle:20180314125914j:plain

 

f:id:trygle:20180314125955p:plain

 

 

 QR  

3ds.pokemon-gl.com