読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お疲れ様でした】6世代の振り返り【xy編】

 

 

6世代環境ともついにお別れということで、記録として過去シーズン全て振り返ってみました。  

 

【S3】

 

bw2までフリーで中堅ポケモンを使って遊ぶエンジョイ勢としてポケモンを楽しんできた自分だったが、ニコニコのレーティング実況動画をなんとなく見始め、レーティング対戦に興味を持ち始めた。そして、あみゅさんvsおかゆさんのハイレベルな動画(あくまで当時の感覚)を見ることにより、本格的にレートに潜ることを決意。元遊戯王プレイヤーの自分は、環境トップの構築よりもメタ寄りの構築を好んで使用していたため、そのスタンスでポケモンにおける構築も考え始めた。

 

構築を考え始めた頃はシーズン2の終盤で、当時はガブハッサムカイリューが流行していたらしく、その3体に対してメガギャラドスぶっささりやんけ!て感じで主軸をメガギャラドスに決定(当時のハッサムはメガギャラに有効打無い技構成がテンプレだった)。友人が「俺の友達がメガギャラでレート2000いったよー」って言ってたので「じゃあ俺はメガギャラで2100いくわw」という目標も立てた。そしてbw時代の育成済みの奴が大量にいるボックスを眺め、ガルーラに強そうな襷鬼火ゲンガー、電気タイプに強くギャラドスと相性の良さそうなスカーフランドロスとオボンナットレイ、メジャーなガルガブアローに強く出れそうなゴツメクレセリア、当時ぽ○りんにオワコン扱いされてた可哀そうなやつであるラティオスの5体を取り巻きとしてピックした。初代ptの完成である。

 

GyaradosGengarFerrothornLandorus (Therian form)CresseliaLatios 

 

シーズン3が始まり、意気揚々とこの弱そうなptで潜ってみた。すると、なんと20連勝を達成することができ、「このまま2000も夢じゃねーなwww」とか調子乗ってたら当時流行してた耐久ポリ2に何もできず負けてしまい、その後もポリ2+ナットレイを起点にする奴(ヒードラン等)の組み合わせにあたりまくり、気がついたら1500~1600をうろついてた。炎打点が無い等、ptの欠点が浮き彫りになってきた所でptを大幅変更することに。

 

GyaradosGengarFemale GarchompHeatranBreloomPorygon2

 

レートの高い実況動画を見まくったり、ptのポケモンをころころ変えて試行錯誤した結果、メガがギャラだけだと心もとないためゲンガーはメガになり、当時流行してたAD鉢巻ガブ、風船ドラン、襷ガッサ、そして流行りに乗ってHB図太いトレースポリ2を採用していった。そしてこのptで念願の初2000を達成しました!

 

2000を達成し、また高みを目指して潜り始めた所、みんな大好きクソ鍵ことクレッフィとかいう闇を見てしまい、非常に不快な思いをした上にその後当たりまくり早急に対策枠を設けることに。色々と調べてみたところ、ptと相性の良さそうなエルフーンを採用することに。キノガッサと交代し投入してみたところ、この交代は正解だったようでレートも徐々にあがっていき、気が付けば初の2100を達成しました!

GyaradosGengarFemale GarchompHeatranWhimsicottPorygon2 記念すべき初の2100pt!

 

当時はレート人口が非常に多く、インフレしてたため2100乗っても更に上を目指してみた。正直最初のうちは高レート帯とかガルクレセドランばっかでしょwwwみたいな印象があったものの、蓋をあけてみればガルーラ軸やヘラクロス軸のようなメジャーな構築からバンドリカイロス、スカーフガルドいり受けループ、メガ無し構築といった独特な構築まで幅広い2100超えの猛者たちとたくさん戦えてレートを始めてよかった、と一人で感動していた。個人的に一番印象に残っている試合は、メガフーディンを引き連れた某初代統一の方との試合である。当時残念メガ枠だと思っていたメガフーディン1体にボコボコにされてしまい、 高レート帯楽しい!ってなったのも今となってはいい思い出である。

f:id:trygle:20160914134054p:plain

 

上のpglの写真は当時の瞬間最高レートの時のものである。 実況者の影響でレートを始めたのもあり、全実況者より上のレートを目指していたため、実況者の中で一番レートの高かったグラさんより順位が上になった時は本当に嬉しかった。(終盤にあわあわさんに抜かれた模様) 最終的には溶かしてしまったが、レート民デビューとして好調すぎるスタートをきった自分は来シーズンも高みを目指すことに。

 

s3 最高 2130 最終 1904 

 

 

【s4】

 

前シーズンに2100達成したptをこのシーズンでも使用したところ、1900まではスイスイ行けたものの環境が変化し始め、気が付いたら1700前半までノンストップで落ちてしまった。そのため全く新しいptを使うことを決意。新しいメガ枠としてハッサムサーナイトカイロスあたりを試していたがどれもしっくり来ず。そこで、原点回帰で色々な方の実況動画を漁ってみたところ、バクオングエンテイを引き連れた独特なクチクレセ構築である爆炎乱舞構築に魅力を感じ、その構築をベースにクチクレセ構築を組むことに。

 

MawileCresseliaThundurusGarchompBreloomBlastoise

色々試行錯誤した結果このようなptになった。爆炎乱舞の面影全くねえ…1このptで1900までは戻せたもののクチートのじゃれつく外しがうざすぎてクチートを一時期ヘラクロスにしてみた。しかしレートが1900で停滞してしまい、結局クチートに戻してがむしゃらに数をこなして潜ってみたところ再びレート2100を達成できました! 2100達成したのが最終日の夜であったため2114で保存することに。初めての最終100位以内をすることができた。余談ではあるが、当時クチートの叩き落とすが「神すぎる!」だの「採用しない理由がない!」だのどの構築記事をみても絶賛されており叩きクチート難民の自分はぐぬぬ状態だった(乱数がめんどくさかっただけ)。そのためクチートに叩き落とすは覚えさせない、という謎ルールを自分に設けた。

 

レートの環境を勉強するためにレート専用のTwitterアカウントを作ったのもこのシーズンだった気がする。そしてs4のメインメガ枠であるクチートは、バトレボでマイオナしてた時に愛用してたポケモンであるため非常に思い入れの深いポケモンであり、その強力なサポートをするクレセリアとの組み合わせであるクチクレセ構築にこのシーズンで完全にはまってしまい、XYからORASにかけて使用した。

 

s4 最高 2114 最終 2114(74位)

 

【s5】

 

このシーズンの初めのうちはなぜか純正受けループを使用しており、最初のうちは勝てていたが、雪崩ガルーラとかいう死んだ方がいいポケモンにヘイトをためまくってしまいやむなく解散。結局前期のクチクレセを使ったもののクレッフィグライゲンガー構築毒まもガルドヒードラン入りの構築と多くあたり、それらに対する勝率が低かったためptの見直しをした。とある有名強者の構築記事で最速cs身代わりメガサナを発見し、めっちゃええやんと思いキノガッサと交代で入れ、毒まもガルド対策に瞑想ノイクンカメックスと交代で投入。そしてガブの型を鉢巻から課題ポケモンの全てに強いラム剣舞ダブチョガブに変更した。この型のガブを考案したときは自分を天才だと思った

MawileCresseliaThundurusGarchompGardevoirSuicune

 

結果としてクレッフィグライゲンガーに滅法強くなれただけでなく、サーナイトの加入により当時やたら体感多かったガルクレセドランに対しても有利のとれる構築に仕上がり、このシーズンはめちゃめちゃ調子が良くて瞬間18位まで上りつめることができた。

  f:id:trygle:20160915005042p:plain

 

 あまりにも調子が良すぎるのが逆にこわくなってしまい、もうこれで保存しようと考えていた。そのため最終日である一週間後までこのロムをずっと放置してた。

 

そしてs5最終日がやってきて、ふとTLを見たらレート2176あるにも拘らず潜っているフォロワーさんを目撃した。「このレートで潜っているのに何故自分は保存しようとしているんだ…」 そんな気持ちになり2200を目指して潜ることを決意。そして最初に当たったのはなんとレート2200台のs3最終1位の方である。マッチング時に緊張すると共に高いレートの猛者と戦える武者震いのようなものを感じた。相手の構築はガルクレセドランガッサランドスイクンという所謂XY結論PTであり、最初は散々勝ってきたガルクレセドランならまだワンチャン…!とか思ってたがいざ対戦してみると、こっちは一手間違えたら負けに直結するシビアな立ち回りを強いられ、一方で相手は安定行動だけでこちらを圧倒してきて、今までの対戦とは次元の違う戦いをしていることを実感した。結果として超有効麻痺を引いてぎりぎり勝利をすることができ、運勝ちとはいえ今までにない勝利の達成感を味わうことができた。

f:id:trygle:20160915014734j:plain

2200を目指す自分は、死闘の疲れを癒す間もなく次の対戦に移った。選ばれたのはまたもやレート2200の方でした!しかも高レート目指している人で知らない人なんていないって位の超有名強者のサブロムを引いてしまったのである。2200の猛者二人を二連続で引いてしまい色んな意味での震えが本当に止まらなかった。相手の構築はまたもやXY結論パで、安定行動に圧倒されながらひいひい言っていた。そして気になる試合結果は………有効麻痺を引いて、勝ち! デジャヴな勝利で幕を閉じた。2200勢に2連運勝ちを決めて、xyの瞬間最高レートである2178に到達し、これは流れ来てるなということで超ハードな試合で満身創痍になりながらも次の対戦に移った。選ばれたは………?

 

 

 

 

 

 

1600「よろしくニキーwwwwwwwwwwwwwwwww」

本気で殺意が芽生えた。アブソルハッサムニドキングという最凶最悪の並びに今までの流れが嘘だったかのように敗北してしまった。そして2200勢二人から死闘の末いただいたレートが無情にも一瞬にして泡となって消えてしまったのであった………そもそも最終日の午前3時に500差で戦ってくんじゃねえバ―カこれをきっかけにレート差マッチングガチアンチの一員となった。

 

レート差マッチングに敗北した後、構築単位できついポリクチにやたら当たり集中力も切れてきて2050位まで落としたものの、気合で2100に戻して力尽きた。

 

このシーズンは今までのレート生活において一番充実していたと感じている。そう感じる大きな理由である2200勢2連戦はTwitterをやっていなければ無かったものになっていたため、潜る勇気をくれたフォロワーさんにはとても感謝しています。

 

s5 最高2178 最終2100

 

【s6】

 

xyの最終シーズン。オニゴーリ使いがぶっちぎりで途中1位だったのがやたらと印象的だった。昔はオニゴーリで1位とかすごすぎるとか思ってたなあ…s5最終1位である構築、所謂XY結論PTが公開され、その構築のコピーによく当たった。序盤はリザードンブラッキー構築やゲンガナンス構築でエンジョイし、シーズン中盤からはs5に使用してたクチクレサナ構築で戦った。前シーズン本家のXY結論PTを運で撃破した自分にコピー厨など恐れるに足りず、2ロムとも2050くらいで50位くらいまで上りつめることができた。これはxy全シーズン2100達成も夢じゃないですわwwwとか調子に乗ってたがレート差マッチングの闇を見てしまい、気が付けばメインロムは1850くらいまで落ちてしまった。このシーズンは比較的デフレなシーズンで、レート上げるのが一番辛いシーズンだった。

 

MawileCresseliaThundurusGarchompGardevoirSuicune

しかしxy最終シーズンというのもあり、xyの有名強者とこれでもか!と当たることができてボスラッシュが過去ダントツで面白かったシーズンである。xyの有名強者の方々は、誤魔化し無しの強力な構築と上手い立ち回りの両方を兼ね備えた人が多く、なかなか勝たせてくれなかったが楽しい対戦をたくさん楽しむことができた。

 

結果として最高2085、最終2070(深夜で力尽きた)という2100に惜しくも届かない結果となってしまったが、ボスラッシュが楽しすぎるシーズンであったため大満足なシーズンだった。

 

s6 最高 2085 最終 2070

 

 

 ORAS編に続く(予定)