読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【S14使用構築】クチート+トリルサーナイト【最高2100/最終1900後半】

 

久しぶりの投稿となります、とらいぐるです。S14お疲れさまでした。この構築の戦績はインフレしたシーズンにしては個人的に残念なものとなってしまいましたが、クチート+トリルサーナイトの組み合わせ自体は強力だと感じたので、そういった構築を組みたいという方の何らかの参考になることを願い投稿しました。

 

【使用構築】

GardevoirMawileGarchompRotom (Heat form)SerperiorGengar

 

【構築経緯】

シーズン序盤はクチートクレセリア構築を使用していたが、バトンバシャ+サザンドラの構築に対して立ち回りが安定しなかったのと、サザンドラの個体数が増えたことが気になったので、それらに対して強く出れる物理受けトリルサーナイトを使ってみたいと思ったことからスタート。並びは前シーズン2200達成という結果を出した生主さんの並び(サーナイトクチートガブリアスヒートロトムキノガッサゲンガー)を参考にしました。

 

【個別紹介】 

 

Mawileクチートナイト 性格 意地っ張り 特性 いかく→ちからもち 

157(252)‐172(252)‐145‐×‐115‐71(4)

じゃれつく 不意打ち 剣の舞 炎の牙

 

クチートミラーと一部のカバのためにsはもっと振ること推奨。(20くらい?)初手に出してじゃれつくで負担をかけ、サーナイトでトリル貼って癒しの願いからの再展開というのが基本かつ理想的な動き。この構築だとクチートがa-1のマンムーガルーラにじゃれつくを打つ場面が多く、必然的に急所の事故死が多発したのが気になった。また、ドランやゲンガーにまともな打点持てないのは結構致命的なので、叩きは欲しいと感じた。

 

Gardevoir@オボンのみ 性格 図太い 特性 トレース

175(252)‐x‐128(252)‐146(4)‐135‐100

ムーンフォース トリックルーム アンコール いやしのねがい

 

流行りの対面構築、バシャサザンに強めのトリル始動員として採用。クレセリアと違い耐久は心もとないが、①アンコールによる起点回避 ②高いcとムーンフォースによるある程度の打点確保 ③クチート選出しなくても拘り竜技の一貫をきれる ④強力な特性のトレース(親子愛、悪戯心、加速、蓄電、威嚇etc)等の点が魅力的だった。クチートと同時選出しなくても単体で活躍でき、強力な補助技を多く覚えるのもあり、トリル指導員としてかなりのポテンシャルをひめているポケモンだと感じた。

 

Female Garchomp@ラムのみ 性格 陽気 特性 さめはだ

183‐182(252)‐116(4)‐×‐105‐169(252)

ダブルチョップ 地震 剣の舞 岩雪崩

 

折角並びを参考もといパクらせてもらったので、偽装を活かしたいと思ってラム剣舞型を採用。オリジナルのptのガブ型はスカーフのため、今期流行したカバルドンがバンバン後投げされる。そのため後出しカバルドンを起点にできるこの型が刺さることが多かった。ラムのみは、威張るボルト、欠伸展開、カバドランガッサエンテイあたりを意識した。スカーフっぽく自信マンマンにだして相手がスカーフ警戒して引いてきたところにヤンキー剣の舞決めて崩壊させるの楽しい。ダブチョはマリルリガルドにキャッチされるのを嫌っての採用だったが、逆鱗のが絶対いいです。

 

Rotom (Heat form)@たべのこし 性格 穏やか 特性 ふゆう

実数値 晒す価値なし

放電 めざ氷 鬼火 電磁波

 

このptの失敗枠。ヒトム自体はクチサナと相性がいいとは思いますが、採用する型を明らかに間違えました。とりあえず、めざ氷よりかはマンムーガルドあたりに打点持てるオーバーヒートの方がよさげでした。型を要検討したい一匹です。一応役割は、マンムーアローゲンガーガルドあたりに持たせたい枠だとおもっています。

 

Serperior@襷  性格 臆病 特性 あまのじゃく

150-×-115-127(252)-115-181(252)

リーフストーム めざ岩 ミラーコート 蛇にらみ

 

オリジナルのPTで唯一違う枠。(オリジナルのPTは鉢巻ガッサ)初手に出てきやすいガブゲンガーガモスリザあたりをごまかせるのが強み。ポリクチのポリ2が初手にでてきやすいためミラコで優勢に立ちやすい。ミラコ自体認識が広まっておりきまりにくくなったが、ジバコ等の不意に来たら嫌な奴相手に重宝する。2連麻痺決めたら3タテしてくれるが、リフスト大事なとこで外すと負けに直結するのでムラのあるポケモンだと思いました。

 

Gengar@ゲンガナイト 性格 臆病 特性 浮遊→かげふみ

157(172)-×-83(20)-158(60)-96(4)-178(252)

シャドーボール 滅びの歌 身代わり 道連れ

 

並び似せて偽装活かしたいシリーズその2。クチートが苦手な害悪や受けルに対して滅法強くなれ、特に受けルに対しては、参考にしたオリジナルのptのゲンガーが襷というのもあってかバンギラスが選出されることがあまりなかったため、楽に立ち回れることが多かった。単に11交換とる要因としても無難に強かった。相手が襷きめつけ行動をとってくれることもしばしばあり、身代わりで補助技すかしたり、猫だましてくるガルーラをあっさりキャッチしたりと偽装構築の楽しさを教えてくれたポケモンである。

 

【きついポケモン 組み合わせ】

ゲンガーアローガルーラ

ガルクレセドラン(致命的)

ゴツメマンムー

後発メガゲンガー

後発ゲッコウガ

電磁波ボルト➕身代わり催眠ゲンガー etc

 

 

今シーズンは戦績は個人的に微妙でしたが、クチサナの組み合わせが強いと分かったのが収穫でした。ここ何シーズンかいい気分でレート終わらせることができてないため、来シーズンは頑張っていきたいですね。ここまでみてくれてありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

【単体考察記事】ストーンエッジクチートのすゝめ

OnixMawile

 

お久しぶりですとらいぐるです。最近流行りのストーンエッジクチートをs12にて使用してみて、従来のクチートでは拾えない勝ち筋を拾えて面白いと思ったので記事にしてみました。

 

クチートのエッジの利点って?ああ!

 

ファイアロー性能の高さ

 

 対面であらゆるファイアローに対面で勝てるようになります(威嚇込ならば

鉢巻ファイアローフレアドライブを耐え、鬼火を打たれても火傷込みでゴツメアロー

を倒すことができる)。火傷状態になったクチートを再展開できるポケモンが裏にいればなお良いですCresselia←こいつとか クチートファイアローストーンエッジで倒せる

場面は非常に多く、決まれば試合を有利に進めることができるので、採用するので

あれば相手にアローを選出させたくなるようなPTに入れるのがよさそうです

SerperiorVolcaronaCresselia←選出誘導できそうなポケモン例 草タイプと相性よさげ

 

 

②トリル下における制圧力の向上

 

トリル下のクチートはトリルターンが1ターンでも多ければ制圧力は格段に変わると個

人的に思ってます。そこで、従来のクチート(じゃれつく不意打ち剣舞叩き)では確定1

発にできないポケモンを確定一発にできるのはストーンエッジの非常に大きな利点とい

えるでしょう。

CharizardZapdosEnteiRotom (Heat form)VolcaronaThundurusファイアロー

役割対象になりえるメジャーポケモン 主に炎タイプ 

 

エッジの火力の指数参考

①攻: メガクチート Lv.50
 防: サンダー (図太いHBぶっぱ)Lv.50 サンダーの種族値 HP90 B85
 ダメージ: 172~204
 割合: 87.3%~103.5%
 回数: 乱数1発 (18.8%)

②攻: メガクチート Lv.50
 防: ロトム Lv.50
 ダメージ: 148~176
 割合: 94.2%~112.1%
 回数: 乱数1発 (68.8%)

 

 まあHB特化だと怪しいけど役割対象をだいたい確定一発でもっていけますよねとい

う話です。(アタッカー型のリザx、エンテイとかは普通に倒せます)

 実際にクチートのじゃれやはたきを耐えてうんたんしようという相手のプランを崩壊

させ、トリル下でじゃれつくを一貫させて勝ちといった試合は多かったです。ただし、

技構成上鋼タイプが重くなりがちになるため、より制圧力を高めるのであれば炎牙を採

用するかpt単位で鋼タイプを厚く見たほうがいいかもしれません

 

③  岩技特有の一貫性の高さ

 

クチートを使っていると、じゃれつく一点読みでゲンガーや炎タイプを後出しし、強引

に有利対面を作られることがしばしばあります。そういう風に後出しされたポケモン

出落ちさせれる点も地味に優秀だったりします。当然相手がつっぱってきても問題無い

時しかやってはいけません 要は対面にも裏にも負担をかけやすい技だということです

 

大きく利点を3つに分けるとこんな感じですね。エッジ外しのリスクは確かにあります

が、奇襲性は抜群に高いので相手のプランをかき回しながら戦うというトリッキーな立

ち回りをすることができて面白かったです。短い記事でしたがここまで読んでいただい

てありがとうございました(^^)/~~~

【s10使用構築】クチートクレセヘラクロス【最高最終レート2120】

 

 

 初めて構築記事を書かせていただきます とらいぐるというものです。

拙い部分も目立つと思いますが最後まで暖かい目で見て頂けたら幸いです。

 クチートクレセを軸にして、クチートと相性良好な3体+補完にヘラクロスをぶちこんだ構築となっております。選出の幅が広かったので使ってて楽しかったです(こなみ)

 

【使用構築】

MawileCresseliaGarchompSerperiorRotom (Heat form)Heracross

 

【個別解説】

Mawile@メガストーン 特性 いかく 性格 いじっぱり

実数値157(252)‐172(252)‐145‐×‐115‐71(4)

じゃれつく 不意打ち 剣の舞 炎の牙

 

このパーティのエースであり主軸。対面性能を利用して初手に出してじゃれつくで負担をかけたり、隙をみて剣の舞を積んで不意打ちで掃除するのが基本的な役割。炎の牙を採用することによって、相手のパーティに厄介な鋼(クチートハッサムナットレイクレッフィ等)がいてもクチートクレセ選出を積極的にできた。クチートミラーがしばしばあったので、sにもうちょっと振った方がよさげ。ヒードランがゲロ重い技構成なのでドラン入りには選出を控えてた。じゃれつくをほとんど勝ち試合でしか外さず、2100をかけた試合でプレミをウルトラスーパーミラクル急所でカバーしてくれた自覚が凄まじい個体。逆鱗をフリーにしないのは単純に強く、今期は拘りガブが多かったのでそれなりに強かった。

 

Cresseliaゴツゴツメット 特性 ふゆう 性格 ずぶとい

227(252)‐×‐189(252)‐95‐151(4)‐105

サイコキネシス 冷凍ビーム でんじは みかづきのまい

 

クチートの回復の薬。いわずもがな起点にされやすいので、なるべく存在を隠しながらのプレイを意識し、忘れたころにポンと出して電磁波まいて三日月の舞をしてた。ただ、バシャーモガルーラには基本的に引かざるをえない場面が多かったが、うちの他のメンツ(ヒトム以外)的にクレセバック読みする余裕がないため、そういった相手に効率よくゴツメダメージを入れれた。クレセ=つり出しマシンみたいな風潮があるため、クレセでつり出そうとすると交代読み突っ張りされることもしばしばある。そのため相手が引きそうな時でもなるべく電磁波とかで適当に突っ張ってた。Cにはある程度振った方がいいかも

 

Female Garchomp@ヤチェのみ 特性 さめはだ 性格 ようき

実数値 183‐182(252)‐116(4)‐×‐105‐169(252)

逆鱗 地震 剣の舞 岩石封じ

 

文句なしのs10のMVP。クチートヘラクロスジャローダと相手からしたら初手で出し負けたらやばい奴を見せているので炎タイプを初手から出されやすい。そこで、そいつらに強くてなおかつ出し勝てば大幅にアドバンテージを得ることのできるヤチェ剣舞ガブを採用。有利対面作ったら積極的に剣の舞をして適当に暴れてた。特に、多かった対面構築に対してはこいつが体感ぶっささってた印象。珠めざ氷バシャにもつよいため、バシャ全般とのタイマンに強かったのはえらい。クチートクレセにおける最強のドラゴンだと個人的に思ってる。

 

Serperior@気合の襷 特性 あまのじゃく 性格 臆病

150‐×‐115‐127(252)‐115‐181(252)

リーフストーム 目覚めるパワー(岩) へびにらみ ミラーコート

初手に出てきやすいゲンガーやリザードンに対して麻痺を入れたり、クチートが苦手な受け(水ロトムカバルドン、ゴツメスイクン等)を相手にする。ミラーコートは最強の技であり、決まればほぼ勝ちが約束されるレベル。パーティがアロー、リザードンウルガモスを呼ぶためめざ岩を搭載。アタッカーとしてもメガ枠エースのサポートとしても優秀だった。DL対策にDに振った方がいいが、DLポリ2にはミラコが決まりやすいので正直どっちでもいいと思う。

 

Rotom (Heat form)@オボンのみ 特性 浮遊 性格 穏やか

 157(252)‐×127‐125‐172(236)‐109(20) 

10万ボルト オーバーヒート 鬼火 電磁波

電磁波でメガエースのサポート兼こっちのパーティ見て出てきやすいファイアローやゲンガーを主に見る過労死枠で、特にファイアローがいたらほぼ選出していた。S10は身代わりゲンガーが多かったため10万から入って電磁波を押しており、実際に身代わり壊して麻痺を入れるパターンが多かった(催眠たたりめとヘド爆毒たたりめがきついので安定とは言えない)。タイプ特性が優秀なため、地面タイプに鬼火撒けたり一部の特殊電気アタッカーや辛いポケモン(ファイアローナットレイハッサムクチート、リザY等)に対抗できるのは強い。鬼火と電磁波搭載のため、相手の安易な受け出しを許さない。撃ち合いたい相手が多かったため10万ボルトを採用。クチートとの相性◎

 

Heracrossヘラクロスナイト 特性 自信過剰→スキルリンク 性格 ようき

159(28)‐237(252)‐135‐×‐125‐236(228) メガ時に最速ギャラドス抜き

ミサイル針 ロックブラスト 地震 剣の舞

 

他の5体じゃ埋まらない穴を埋める補完枠。受けループ、オニゴーリ、厄介なポケモンたち(フシギバナナットレイキノガッサスイクンマンムーギルガルドランドロス、メガギャラドスメガバンギラス、非最速ヒードラン等)を意識して採用。強かったです(^^)/~~~

 

【苦手なポケモン

ピクシー(対策0)、身代わりライコウ、ヒートロトム(特に身代わり)、ス催眠ゲンガー、

ヘラクロス、最速ヒードランラティオスサザンドラ、鬼火バシャーモ、霊獣ランドロス

 

【苦手な組み合わせ】

バシャナットサンダー、サザンガルド、バトンバシャ+ポイヒガッサ、クレセヘラ、ラ

ンドライコウヘラ等

 

【このパーティの反省点】

・小さくなるピクシーに勝てない

・苦手なポケモンに対してヤンキープレイで勝つことがあった(ヒードランチルタリス等にジャロでミラコを打つ等)

・催眠対策が薄すぎる(催眠ゲンガーきつい)

ヘラクロス選出をしたときに龍技の一貫性ができてしまう

・相手のパーティにファイアローがいればヒートロトムを選出しなければ辛かったこと(ただ、選出したときの勝率は非常に高かった) 

・相手の後発ゲッコウガヘラクロスニンフィアがきつかった。 等

 

【終わりに】

この構築の最高最終レートはタイトル通り2120で、最終順位は37位でした。

ただ最終日にメインロムで負け越してしまったため、まだまだ改善の余地はあると思います。次のシーズンはクチートクレセで2150や2200に乗せれるよう頑張りたいですね ここまで見て頂いてありがとうございました(^^)/~~~

f:id:trygle:20160417113632j:plain

 

 こっから一勝で2120